人気のママ系インフルエンサー8選!起用する注意点や相性の良いSNSも紹介

人気のママ系インフルエンサー8選!起用する注意点や相性の良いSNSも紹介

ママ系インフルエンサーは幅広い業種と好相性なうえ、数あるジャンルの中でもとくに訴求力が高いことで知られています。

何より子育て中のママ層から絶大な人気を誇っているのが、最大の強みです。

そこで今回は、人気のママ系インフルエンサー8名を、タイアップ事例とセットでご紹介していきます。

ママ系インフルエンサーの訴求力が高い理由や相性の良いSNSについても解説していますので、ぜひ今後のマーケティング戦略にお役立てください。

ママ系インフルエンサーとは?

ママ系インフルエンサーとは、子供を持つ母親が知りたがっている情報をSNSで発信しているだけでなく、一般ユーザーへの影響力が大きい人物のことです。

この章では、ママ系インフルエンサーについて以下の4項目に分けて解説していきます。

  • ママ系インフルエンサーの訴求力が高い理由
  • ママ系インフルエンサーが得意なジャンル
  • ママ系インフルエンサーと相性が良いSNS
  • ママ系インフルエンサーを起用する際の注意点

ここからは、上記の4項目について個別に解説していきます。

なお、ママ系インフルエンサーによるPRを代理店に依頼する場合は、以下の記事を参考にしてください。

ママ系インフルエンサーの訴求力が高い理由

子育て中のママは、育児をはじめ産後の体型変化や毎日の献立など、さまざまな悩みを抱えています。

その反面、外出し難い環境で日々を過ごしているため、手軽に情報収集ができるSNSのアクティブユーザー率が高いのです。

とくに、同じ母親という共通点を持つママ系インフルエンサーの投稿には、以下のような強みがあります。

  • 仲間意識が芽生えるため、「共感」されやすい
  • ママの視点で発信された情報は「信頼感」がある
  • 「実体験に基づく解決策」を提案している
  • ママでも女性として輝けることを実証している「お手本」的存在

つまり、ママ系インフルエンサーはターゲット層と非常に近い属性を持っているからこそ、訴求力の高さが際立っているのです。

ママ系インフルエンサーと相性が良い業種

ママ系インフルエンサーは幅広いテーマを扱っていますが、とくに企業とのタイアップで成功しやすいのは、ユーザーニーズの高い以下のようなジャンルです。

  • 育児・教育
  • 料理・フード
  • ファッション
  • 美容・コスメ
  • ダイエット
  • ライフスタイル
  • 代行サービス(ハウスキーピング・定期宅配など)
  • 日用品(洗剤・オーラルケア・トイレタリーなど)
  • 金融・保険
  • 観光・旅行

近年では、幼児向けイベントのPRや子育て世帯へ地方移転を呼びかけるなど、自治体がママ系インフルエンサーを起用したPR活動も増えています。

ママ系インフルエンサーと相性が良いSNS

結論から言うと、ママ系インフルエンサーと最も相性が良いSNSはInstagramです。

だからこそ、ママ系インフルエンサーは「ママインスタグラマー」や「主婦系インスタグラマー」とも呼ばれているのでしょう。

たしかに、実演や丁寧な解説が必要なジャンルはYouTubeが、ゆっくり視聴する時間が確保できないほど忙しいママ層には、すきま時間に視聴できるTikTokの単尺動画が向いています。

とはいえ、活躍しているママ系インフルエンサーの人数は、他のSNSよりもInstagramの方が圧倒的に多いのが実情です。

ママ系インフルエンサーを起用する際の注意点

訴求力が高いママ系インフルエンサーは、多くの企業に起用されている有望株ですが、メリットばかりではありません。

当然ながら、ママ系インフルエンサーの本業は「母親」です。

とくに子供が小さい時期は急に体調を崩したり、トラブルが発生して小学校から呼び出されたりすることも珍しくありません。

そのため、急ぎの依頼に対応できないことも多く、スケジュールには十分な余裕を持たせておく必要があります。

【Instagram編】人気のママ系インフルエンサー4選!

この章では、Instagram人気のママ系インフルエンサーとして、以下の4名をタイアップ事例と併せてご紹介していきます。

  • cotoさん(約61.8万人/料理)
  • MIYOさん(約43.2万人/ファッション)
  • おさよ さん(約34.1万人/家事)
  • 田中亜希子さん(約28.1万人/美容)

では早速、順番に見ていきましょう。

ちなみに、ママ系インフルエンサーを起用したタイアップ事例は、以下の記事でもご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

cotoさん(約61.8万人/料理)

▼cotoさんのSNS情報(2024年4月時点)

  • Instagramアカウント:ct__cook/フォロワー数:約61.8万人
  • YouTubeアカウント:@coto_ouchigohan/チャンネル登録者数:6,840人

最初にご紹介するママ系インフルエンサーは、レシピサイトNadiaでも熱狂的なファンを獲得している「coto」さんです。

「coto」さんのインスタでは、以下のようなコンテンツを中心に投稿されています。

  • 手軽に作れる栄養満点おうちごはん
  • インスタ映えするメニュー
  • 下ごしらえを楽にする時短テクニック

栄養面も見栄えも文句なしの時短レシピは、子育て中で忙しいママにとって大きな助けになります。

また、2冊のレシピ本を出版しているのも人気を後押ししている理由です。

cotoさんのタイアップ事例

上記の投稿は「coto」さんと、「キッコーマン」のタイアップ事例です。

キッコーマンの「マンジョウ 米麹こだわり仕込み 本みりん」を使ったレシピは、かぼちゃが旬な11月に投稿されており、季節の食材を食卓に並べたいママ層から多くのコメントが寄せられていました。

また、レシピサイトNadiaが開催したキッコーマンとのコラボイベント、「本みりんパーク」と同じタイミングだったのも、話題性づくりに役立っています。

MIYOさん(約43.2万人/ファッション)

▼MIYOさんのインスタ情報(2024年4月時点)

  • アカウント:miyopu
  • フォロワー数:約43.2万人

続いてご紹介するママ系インフルエンサーは、「真似するだけでオシャレ♡GU UNIQLO ZARA 楽天 しまむら のプチプラコーデ」をコンセプトに掲げている「MIYO」さんです。

2024年4月時点で38歳、身長165cmの「MIYO」さんは、主に以下のようなコンテンツを得意としています。

  • 高見えするプチプラコーデ
  • 七五三などのイベントコーデ
  • 体型をカバーする着こなし

3児の母とは思えない抜群のスタイルも、きれいめコーデを好むフォロワー層に憧れられている理由でしょう。

MIYOさんのタイアップ事例

上記の投稿は「MIYO」さんと、ほとんどの商品を1万円以内の価格で提供しているアパレルブランド、「Classical Elf.(クラシカルエルフ)」のタイアップ事例です。

Classical Elf.は、20代~50代まで幅広い女性をターゲットにしています。

そのため今回のタイアップ案件では、PR商材であるベロア素材のトラックジャケットを使って3パターンのコーデを提案し、どの世代にも参考になるように工夫しているのが特徴です。

ちなみに「MIYO」さんは、GU・UNIQLO・ZARA・楽天・しまむらだけでなく、以下のようなタイアップ案件も担当されています。

  • andme(アンドミー)
  • SHEIN(シーイン)
  • AMELY(エミリー)
  • BONJOUR SAGAN(ボンジュールサガン)

なお、以下の記事にてご紹介している吉田理沙さんも、ファッション情報を得意とするママ系インフルエンサーです。

ファッションアイテムのタイアップ案件を検討されている企業さまは、ぜひご一読ください。

おさよ さん(約34.1万人/家事)

▼おさよ さんのSNS情報(2024年4月時点)

  • Instagramアカウント:osayosan34/フォロワー数:約34.1万人
  • YouTubeアカウント:@osayosan34/チャンネル登録者数:約9.99万人
  • TikTokアカウント:@osayosan34/フォロワー数:368人

続いてご紹介するママ系インフルエンサーは、お掃除や収納テクニックを中心に頑張らない家事を提案している「おさよ」さんです。

以下の通り、「おさよ」さんは家事に関するさまざま資格を取得している、権威性の高いママ系インフルエンサーとして知られています。

  • 掃除能力検定士
  • 整理収納アドバイザー1級
  • 食生活アドバイザー
  • 整理収納教育士
  • 片付け遊び認定講師

専門的な知識を持っているからこそ、フォロワーから「掃除方法は簡単なのにキレイになる!」、といった高評価を得ているのでしょう。

「おさよ」さんのインスタには、小学生のプリント整理や年末の大掃除を手早く行うノウハウなど、子育て中のママのお悩みを解決する裏技が満載です。

おさよ さんのタイアップ事例

上記の投稿は「おさよ」さんと、雑貨からファッションまで幅広いアイテムを扱っている通販カタログ、「FELISSIMO(フェリシモ)」のタイアップ事例です。

コラボで開発した書類整理フォルダー・家事を整えるリスト・アームカバー・ギャザーワンピースなどを活用しながら、フェリシモさんが提供している「大人の自宅で学べるレッスン(ミニック)」をPRする内容になっています。

このほか、以下のタイアップ案件も「おさよ」さんが担当しています。

  • 株式会社ダスキン:モップクリーナー
  • scottie(スコッティ):ティッシュ
  • Yunth (ユンス):ビタミンC美容液
  • nest Robe(ネストローブ):ワンピース・ブラウス

ライフスタイルそのものに共感しているフォロワーが多いため、日用品だけでなく、美容やファッション系のタイアップ経験も豊富です。

ちなみに、以下の記事でもインテリアや雑貨を紹介しているママ系インフルエンサーを紹介しております。

田中亜希子さん(約28.1万人/美容)

▼田中亜希子さんのインスタ情報(2024年4月時点)

  • アカウント:akiico
  • フォロワー数:約28.1万人

続いてご紹介するママ系インフルエンサーは、読者モデルとしても活躍している「田中亜希子」さんです。

二人の男の子のママとは思えないほど毛穴のない透明肌の持ち主だけあって、SKII・IPSA(イプサ)・dプログラムなど、さまざまなコスメブランドのタイアップを経験しています。

また、読者モデルとしてのスキルを活かしてファッション系の投稿も数多く行っているため、通販サイト「fifth store」をはじめアパレル関連のタイアップ経験も豊富です。

田中亜希子さんのタイアップ事例

上記のリール投稿は「田中亜希子」さんと、「kose」のタイアップ事例です。

同ブランドのインフィニティ トリートメント クレンジング オイルを実際に使用しながら、いかに洗い終えた後のお肌が潤いを保っているのかをPRしています。

クレンジングのタイアップ案件は「すっぴん」を惜しげも無く晒す必要があるため、毛穴レスの「田中亜希子」さんはまさに適任と言えるでしょう。

なお、以下の記事でもママ系インフルエンサーをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

【YouTube編】人気のママ系インフルエンサー2選!

この章では、YouTubeで人気のママ系インフルエンサーとして、以下の2名をタイアップ事例と併せてご紹介していきます。

  • バイリンガール英会話 | Bilingirl Chikaさん(約158万人/教育)
  • あいり さん(約61.7万人/高齢出産)

順番に解説していきます。

バイリンガール英会話 | Bilingirl Chikaさん(約158万人/教育)

▼ちか さんのSNS情報(2024年4月時点)

  • YouTubeアカウント:@bilingirl_chika/チャンネル登録者数:約158万人
  • Instagramアカウント:bilingirl_chika/フォロワー数:約35.6万人
  • Facebookアカウント:chika.english/フォロワー数:約8.1万人
  • TikTokアカウント:@bilingirl.chika/フォロワー数:約6.78万人

続いてご紹介するママ系インフルエンサーは、「バイリンガール英会話 | Bilingirl Chika」さんです。

二児の母でもある「ちか」さんは、ご自身のお子さんが英語を学んでいる様子や、英語環境で子育てするコツなどを投稿されています。

また、大人向けの投稿では旅行や海外移住などがシーン別にカテゴライズされているため、目的に合わせて学びたい英語を選択できるのも魅力です。

ちか さんのタイアップ事例

上記2つの投稿は「ちか」さんと、オンライン英語コーチングの「イングリード(ENGLEAD)」がタッグを組んだタイアップ事例です。

上段の投稿では「ちか」さんのご主人である「おさる」さんが、同サービスによってどのように英語のスキルを上げていくのか、実践方式でPRしています。

こちらのコラボ企画は、コロナの影響でオンライン学習のニーズが急騰していた2021年に実施され、大きな反響を呼びました。

その後、2024年には「おさる」さんが2度目の受講に挑み、新たにタレントの「peco」さんも参加されています。

あいり さん(約61.7万人/高齢出産)

▼あいりさんのSNS情報(2024年4月時点)

  • YouTubeアカウント:@airi_official/チャンネル登録者数:約61.8万人
  • Instagramアカウント:airi_happy/フォロワー数:約50.2万人

続いてご紹介するママ系インフルエンサーは、45歳で高齢出産をご経験された「あいり」さんです。

「あいり」さんは、主に以下のようなテーマを中心に投稿されています。

  • 不妊治療の末に44歳で妊娠した経験談
  • 高齢出産の子育てあるある
  • 美容・コスメ
  • ファッション
  • レシピ

まだ幼児である息子さんを育てているリアルな日々が、赤裸々に語られているのはもちろん、40代~50代の疲れやすい女性に向けて、おすすめのコスメやファッションを紹介されています。

最新シミ治療など美容施術に関する動画は、実に40万回もの再生回数を記録するほどの人気です。

あいりさんのタイアップ事例

上記の投稿は「あいり」さんと、「株式会社Mizkan(ミツカン)」のタイアップ事例です。

日本では昔から、「お酢」には疲れている身体を整える効能があると言われています。

そこで、今回の商材である「カンタン酢」をPRすべく、40代で子育てをしている多忙な「あいり」さんが起用されたのです。

「カンタン酢」は時短料理のお助けアイテムでもあるため、忙しいママ層を中心に140万回以上も視聴されていました。

【TikTok編】人気のママ系インフルエンサー2選!

この章では、人気のママ系インフルエンサーとして、以下の名をタイアップ事例と併せてご紹介していきます。

  • きなこっこ さん(約31.89万人/シンママ育児)
  • いなり子🌷おもちゃASMRさん(約18.54万人/おもちゃ)

では早速、順番に見ていきましょう。

きなこっこ さん(約31.89万人/シンママ育児)

https://www.tiktok.com/@kinakokkonew/video/7338726067651497218

▼きなこっこ さんのSNS情報(2024年4月時点)

  • TikTokアカウント:@kinakokkonew/フォロワー数:約31.89万人
  • YouTubeアカウント:@kinakokkonew/チャンネル登録者数:約19.9万人
  • Instagramアカウント:kinakokkonew/フォロワー数:約8.6万人
  • X(旧Twitter)アカウント:kinakokkonew/フォロワー数:4,297人

続いてご紹介するママ系インフルエンサーは、SNSの収入だけで生計を立てている二児の母、「きなこっこ」さんです。

プロフィールに「限界オタクシングルマザー」と明記されている通り、ゲームやアニメのグッズ、ディズニーなどのキャラクターなどにフォーカスした投稿を交えつつ、子育ての日常を投稿しています。

特筆すべきは、いわゆる「きれい事」ではなく、シングルマザーの子育て生活を「素」のまま公開しているリアルさです。

元保育士だった「きなこっこ」さんは結婚を機に寿退社し、その後6年間は専業主婦を続けていました。

つまり、退職してから6年ものブランクがあったにも関わらず、2021年に離婚してからわずか数年で専業インフルエンサーとして生計を立てられるほど、大量の企業案件を獲得できるまでに大成功を収めた逸材なのです。

きなこっこ さんのタイアップ事例

@kinakokkonew #PR #ソフトバンク ママ友と異次元空間ででかける時代になったらしい @ソフトバンク公式 #SoftBank #メタパ ♬ オリジナル楽曲 – きなこっこ🐔

上記の投稿は「きなこっこ」さんと、「ソフトバンク」のタイアップ事例です。

今回の商材であるメタバースモールアプリ、通称「メタパ」は自宅にいながらアバターを通して機種変更や料金のプラン変更などができるサービスです。

普段から節約術に関する動画も投稿している「きなこっこ」さんは、うってつけの人選と言えるでしょう。

いなり子🌷おもちゃASMRさん(約18.54万人/おもちゃ)

▼いなり子さんのSNS情報(2024年4月時点)

  • TikTokアカウント:@inarikoha/フォロワー数:約18.54万人
  • YouTubeアカウント:@inarikoha/チャンネル登録者数:3,560人
  • Instagramアカウント:marinanpoo/フォロワー数:257人

続いてご紹介するママ系インフルエンサーは、知育おもちゃやASMRのレビュー投稿が得意な「いなり子」さんです。

お子さんと一緒に知育おもちゃで遊んでいる動画は、同世代の子供を育てているママ層の興味をそそります。

なお、ASMR(Autonomous Sensory Meridian Response)とは、日本語に直訳すると「自律感覚絶頂反応」を指します。

平たく言うと、人が聴覚や視覚への刺激によって脳が心地よい、またはゾワゾワする感覚のことです。

いなり子さんのタイアップ事例

上記の投稿は「いなり子」さんと、ダンボール製オリジナル家具・遊具の専門店、「TOMITA」のタイアップ事例です。

ポイントは、小さな子供が外遊びする機会が減っている11月に投稿されている点でしょう。

今回の商材である段ボール製の滑り台は、冬でも室内で身体を動かせる知育遊具として注目を集め、5万6千以上の「いいね」を獲得しています。

組み立ての手軽さ、大人が一緒に遊んでも壊れない頑丈さなどをしっかり解説しているのも、高評価を引き出した要因でしょう。

まとめ:ママ系インフルエンサーの高い訴求力で自社商品をPRしてもらおう!

今回は、Instagram・YouTube・TikTokそれぞれで人気を集めている、ママ系インフルエンサー8名とタイアップ事例をご紹介しました。

同じママ系インフルエンサーでも強みや工夫しているポイント、何より世界観は千差万別です。

自社のイメージやプロモーションの方向性と相性が悪ければ、ママ系インフルエンサーの最大の強みである高い訴求力が、台無しになってしまいます。

ママ系インフルエンサーの起用を検討する際は、国内210万人・海外9,000万人を超える業界最大級のインフルエンサーネットワークを保有している「Influencer Japan」に、お気軽にご相談ください。

一覧へ戻る

おすすめの代理店

ディレクション型

株式会社ハーマンドット

マッチング型

expaus(株式会社Lxgic)

XBUZZ(株式会社エックス)

事務所型